お仕事ブログ

Blog お仕事ブログ

これからはDECT準拠方式の時代の幕開けです!

2011-10-24 23:35:49

パナソニックは、“エコナビ”搭載で節電効果があるFAX「おたっくす KD-PD701」を、11月10日に発売する。
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、子機1台タイプの「KX-PD701DL」が27,000円前後、子機2台タイプの「KX-PD701DW」が37,000円前後。

10248.jpg

 約4.9型の大型タッチパネル液晶を搭載したFAXで、自動で消費電力を抑える「エコナビ」機能を搭載した。
親機が周囲の電波環境を検知し、電波が良好な場合には、待機時と子機の通話時の消費電力を低減する。
これにより、エコナビなしの場合の消費電力と比べて、待機時に最大9%、子機通話時に約7%の消費電力が削減できるという。
エコナビが働いている場合、画面にエコナビマークが表示される。

子機のデザインも変更した。
液晶画面は約2.1型で、従来モデル「KX-PW821」に付属する子機と比べて、面積比で約2.7倍という。
また、電話帳は4行のリスト表示ができ、再ダイヤルや着信履歴画面に日時の表示もできる。
2件のワンタッチダイヤルの登録も可能となる。

 コードレス通話の規格には、世界で広く普及している「DECT準拠方式」を採用。
1.9GHz帯の周波数帯を使用するため、無線LANなど2.4GHz帯の周波数を使用する機器との電波干渉の影響もなくなるという。
また、別売りの窓センサー「KX-FSD10」との連携も可能。
窓が開いたことを、親機と子機の報知音と画面表示で知らせる。(家電Wacthより引用)

こちらの新シリーズのFAXをひまわりスタッフ研修にて触ってまいりました。

現行無線方式は周波数が2.4GHzで、無線LANやBluetooth機器、コードレス電話、電子レンジなどの様々な電波が混在しているのに対して、DECT準拠方式という周波数1.9GHzを使うことによって現在はほぼPHSしか利用していない周波数ですので電波干渉が少なくクリアな音声や映像が利用できるそうなのです。

子機の液晶画面が約二倍大きくなっており、ボタンのパネルも携帯電話仕様で外線ボタンと、切りボタンの一が変わっていた所に使いやすさの追求をされたのだなと実感しました。
10249.jpg
ほかにも「安心応答」という機能が付き、知らない番号からかかってきた場合(※ナンバーディスプレイ契約時)先に相手の名前を名乗って頂くようにお願いするガイダンスが流れるようになっていました。
そこで知らない相手の場合は
「申し訳ありませんが、この電話はお繋ぎできません」
というガイダンスが流れて通話を遮断することが出来ます。

4機種発売されるのですが、いずれも窓センサーと連動するので防犯対策としてもとてもおススメの出来るFAXとなっています。

↓↓ブログランキングに参加しておりますので、↓↓
↓↓いいなと思ったら是非一ぽちり宜しくお願い致します!(^^)

14.jpg
渋谷区笹塚「町の電気屋さん」ケイオー

太陽光発電・オール電化の 笹塚 町の電気屋さんケイオー エアコン・地デジ・故障・修理、家電はお任せ


<<ワイヤレスモニター付きテレビドアホン 11月10日発売 | main | くらしあったかエコまつり大盛況! >>